えがおのブルーベリーで眼精疲労を予防しよう

ファミリー
このエントリーをはてなブックマークに追加

造血を大切にして不調改善

錠剤

レバー以外も取り入れよう

貧血は食事を工夫するだけで予防・改善することができます。食材としてはレバーが有名ですが、他にも有効な食材がたくさんあります。レバー以外で貧血に有効な食材は、ひじき・牛乳・貝類・ほうれん草などです。ひじきやほうれん草には豊富な鉄分が含まれており、レバーよりも食べやすいので鉄分摂取のために取り入れる食材としてオススメです。貝類ではカキ・あさり・赤貝がオススメで、鉄分だけでなくビタミンB12も含まれています。牛乳にはタンパク質とビタミンB12が豊富で、血流を良くする働きがあります。造血作用では鉄分がよく知られていますが、タンパク質やビタミンB12も造血には欠かせない栄養素です。牛乳はレバーの臭み取りに使用することがありますが、それだけでは牛乳の栄養素は十分に摂取できないので牛乳は飲んだりシチューにして食べた方が良いと思います。

ヘモグロビンと栄養の関係

貧血という症状は、血液中の赤血球に存在するヘモグロビンの量が基準より少なくなってしまった時に起こります。ヘモグロビンは酸素を体中に運ぶ働きがあるので、減少すると体内が酸欠に近い状態になります。鉄分が貧血に効果がある理由は、鉄分は体内でヘモグロビンに変換するからです。タンパク質もヘモグロビン生成を行いますが、ヘモグロビンの主成分は鉄分なので貧血には鉄分が良いといわれています。ビタミンB12は別名では赤いビタミンと呼ばれており、ヘモグロビンの生成を助ける役割があります。鉄分やタンパク質と一緒に摂取すると、栄養素が支え合って効率よく効果が発揮されます。貧血の予防や改善には鉄分が良いと知られていますが、鉄分だけでなくタンパク質やビタミンB12のことを考えて栄養バランスの良い食事を摂取すると健康的な予防・改善ができます。