えがおのブルーベリーで眼精疲労を予防しよう

ファミリー
このエントリーをはてなブックマークに追加

血液をサラサラにする成分

栄養補助食品

効果と含まれる食材

DHAはサバやまぐろ、イワシなど青魚に多く含まれている栄養素で、脂が多い魚に豊富です。DHAは不飽和脂肪酸の一種であり、血液をサラサラにし血流を良くする効果があります。血液がドロドロの状態だと、心臓が一生懸命全身に血液を回そうと圧をかけます。その結果高血圧となり、また栄養素も運ばれにくくなります。血栓も出来やすく、動脈硬化などさまざまな病気を引き起こします。DHAはコレステロール値を下げ、赤血球など血液の成分を流れやすくする作用があります。加齢により血液はドロドロになりがちなので、サプリなどで積極的に摂取していくことも求められます。また血液だけでなく脳にとっても大事な成分で、DHAをたくさん取ると頭が良くなるとも言われています。

幅広いニーズに合った成分

DHAはさまざまな効果を発揮します。コレステロール値の低下、脳の発達、視力回復、アレルギー、アトピーにも効果があるといわれており、幅広い目的で摂取されています。毎日DHAを含む魚を摂取できれば良いのですが、昔と比べ食の欧米化が進んでおり魚を食べる回数が減った家庭が多いです。そのためDHAは不足傾向にあるため、どんどん摂取しましょう。サプリであれば献立を気にする必要もありません。受験シーズンの中高生もDHAサプリを飲んでいたり、脳の老化も防ぐ効果もあるため認知症予防に飲んでいる中年・高年層も多いです。体の中から若々しくなりたい人やアンチエイジングを意識する人にとっても効果が得られたりと、まさに年齢層を問わない人気の栄養素なのです。