えがおのブルーベリーで眼精疲労を予防しよう

家族
このエントリーをはてなブックマークに追加

造血を大切にして不調改善

錠剤

貧血はヘモグロビンの減少で起こるので、ヘモグロビンの主成分である鉄分・生成をするタンパク質・生成を促すビタミンB12を摂取すると予防や改善が可能です。貧血の時に鉄分・タンパク質・ビタミンB12を意識することは大切ですが、栄養素はバランスよく取り入れることが最も大切です。

もっと読む

血液をサラサラにする成分

栄養補助食品

青魚に多く含まれるDHAは不飽和脂肪酸であり、血液をサラサラにする効果があります。また、コレステロール値を下げるのにも役立つ上に、アレルギーの緩和などにも役立つのです。日ごろから積極的に摂取するには、サプリメントで最適です。青年から中高年まで幅広い年代に活用されています。

もっと読む

眼精疲労を改善するには

ブルーベリー

高価な北欧産ビルベリー

毎日長時間パソコンに向かっていることが多いので、夕方になると目がかすんだり痛んだりすることが増えてきました。眼精疲労を放置しておくと、重大な目の病気にもなりかねません。目に効果のあるサプリメントを探していた時に見つけたのが、「えがおのブルーベリー」です。えがおのブルーベリーには、北欧産のビルベリーが使用されています。ブルーベリーの中でも北欧産のビルベリーは、豊富なアントシアニンを含んでいることで知られています。これは希少な食材で、高額な取引きが行われています。このアントシアニンが眼精疲労に効果があり、白内障などの眼病を予防する働きがあるのです。えがおのブルーベリーには、他にもぶどう種油やカシス抽出油などアントシアニンを含む食品が配合されています。

特殊製法の開発に成功

しかし通常のビルベリーエキスは酸化しやすく、体内に吸収される前にアントシアニンが変質してしまいます。えがおのブルーベリーは、特殊製法で酸化しにくいビルベリーエキスの開発に成功したのだそうです。これにより体内への吸収率が2倍にアップしたそうです。以前からブルーベリーは目に効くと聞いていたので、購入して食べていました。しかし調べてみると、必要量のアントシアニンを摂取するのに毎日数十粒のブルーベリーを食べなければならないそうです。これはさすがに無理な話で、費用も高額になってしまいます。また北欧産のビルベリーも、通常のスーパーなどでは販売していません。えがおのブルーベリーは、北欧産のビルベリーを使用しているのに価格もかなりお手頃です。

ミドリムシは素晴らしい

サプリメント

ユーグレナの持っているパラミロンは毒素を除去してくれる効果があります。またミネラル群やビタミン群のほかアミノ酸も持っているのです。マルチビタミンやマルチミネラルを買うよりもお得でまとめて摂取できます。

もっと読む